人気のクレジットカード情報をまとめたサイト【クレカ図鑑】へようこそ!

国民年金で一番得する支払い方法はクレジットカード!それ以外は100%損します

皆様クレジットカードを効率よく使用していますでしょうか?

今回は国民年金の支払い方法について記事にしたいと思います。

国民年金の支払い方法は4つあります。

1つ目は現金支払い。

日本年金機構から納付書が送られてきますので指定の金融機関またはコンビニで支払いをします。

2つ目は口座振替。

振替ができる金融機関で申請すると指定日に自動で引き落としされます。

3つ目は電子納付。

最近では利用できる金融機関が増えてきました。ATMやネットバンク、モバイルバンキング、テレドンバンキングが使用できます。

4つ目はクレジットカード。

クレジットカード納付申出書を年金事務所に提出後、自動で引き落としになります。

この中で一番お得に支払いができるのが4番目のクレジットカードです。

実際にどのくらいお得なのか解説します。

年金をクレジットカードで支払うとこんなメリットが

国民年金をクレジットカードで支払うと色々メリットがあります。

こちらは現金払いでも対応していますが、年金は前払いをすると割引されるのをご存知でしょうか。

「2年前納」「1年前納」「6ヶ月前納」と3つの前払い制度があり、それぞれ割引を受けることができます。

これをクレジットカードで前払納付すればかなり節約できるというわけですね。

クレジットカードで年金を支払うとポイントが貯まります。

現金払いと比較して一番メリットが大きいのがポイントです。

クレジットカードで支払いをすれば必ずポイントが貯まっていきます。年金の前払いで割引を適用しつつ、さらにポイントも貯まるんですから利用しない手はないですね。

そして年金を納付書で支払ったことがある人はわかると思うのですが、毎回支払いに行くのがものすごく面倒なのです。

私の場合は金融機関ではなく隣のローソンで支払いをしていたのですが、何度も何度も支払いに行くと本当に面倒ですし、店員さんにも迷惑がかかっているような錯覚に陥ります。

さらに納付書を棚にしまって、うっかり支払うのを忘れてしまったこともあり、年金事務所から督促状も届いたこともありました。

それからはクレジットカードで支払いをするようになったのですが本当に便利ですし支払い忘れの防止にもなっています。

クレジットカードで2年前納を利用すれば最大19,000円の節約ができる

国民年金は前払い制度を利用すると割引されるとお伝えしましたが、前払い期間が長ければ長いほど割引率が大きくなります。

最大の2年前払いを利用すると約15,000円の節約になるのです。

さらにクレジットカードを利用するとポイントが付与されますのでダブルで節約になります。

例えば40万円の支払いの場合だと、1%還元できるクレジットカードで支払えば4,000円のポイントが付与されます。

前払いとクレジットカードを利用すれば最大で19,000円もお得に支払うことができるのです。

6ヶ月前倒し:割引額800円

1年前倒し:割引額3500円

2年前倒し:割引額14,250円

>業界No.1【楽天カード】

業界No.1【楽天カード】

貯まりやすさ業界No.1
10年連続顧客満足度No.1
クレジットカード取扱高国内No.1
今なら5000ポイント貰える!

CTR IMG