人気のクレジットカード情報をまとめたサイト【クレカ図鑑】へようこそ!

ビジネスカード【法人カード】を持つメリットを3分で解説する!

最近は現金払いで決済する人はほとんど見なくなりました。

コンビニ、スーパー、交通機関なんかでも携帯やクレジットカードでワンタッチ決済が当たり前の時代です。

クレジットカードも身近な存在になり「快適」「便利」で手放せない物となりました。

そんなクレジットカードですが、ビジネスでも非常に便利な役割を果たします。

この記事では様々なビジネスシーンで【法人カード】を活用する方法・メリットを紹介したいと思います。

ビジネスカードとは一体何?法人だとメリットあるの?

皆さん法人カードって聞いたことありますか?

個人事業主や会社の役員や社員が使っている会社のクレジットカードです。

会社で会社名義のクレジットカードを使うと様々なメリットがあります。

それはキャッシュフローが安定・明確化し、経理やコスト削減でも役立ちます。

どのようなメリットがあるか解説していきましょう。

キャッシュフローの安定化

クレジットカードで支払いをすると、支払いを行った日時や項目、金額がデータでわかるようになります。

経理の仕事をした人ならわかると思いますが会社の経費を現金で管理するとなると本当に大変でいくら時間があっても足りないくらい忙しくなります。

ですがクレジットカードを使用するとそのまま会社の会計ソフトと連携できるので一発で経理の仕事を自動化できるのです。

現金管理だと領収書やレシートの紛失で経理漏れなどの経理上損失防止にもなりますし、決算や確定申告などでも本領を発揮します。

法人だとほとんどが経費で落とせるためほぼ全ての出費の記録を保存しておかなくてはなりません。

会社の事務用品や会社の家賃、水道光熱費などすべての領収書を保管し計上するのはとても大変です。

ですが、ビジネスカード(法人カード)を利用すれば経理上の仕事はとても効率よく作業することが出来ます。

経理上の負担軽減だけではありません。

法人カードを利用すれば経費のコストカットにも繋がるのです。

クレジットカードで支払いを行えば振込手数料はかかりません。

ですが、金融機関を利用して振り込みを行えば行うほど振込手数料がかかってきます。

1回の振込手数料はそんなに高くはありませんが、それが何回も積み重なればそれだけでもかなりの出費になるはずです。

それが全てコストカットできるとなると使わない手はないですね。

法人カードは最近ではほぼ全ての支払に対応できますし、高額な出費でも現金を用意する必要なくすぐに支払いが可能です。(法人カードはキャッシング枠が大きい為)

結果的にクレジットカードで支払うと支払日が遅れるのでキャッシュフローにもゆとりがうまれ安定化されます。

現金支払だと入ってくる金額(売上など)より先に支払う場合が多くなる事があります。

十分な蓄えがあればそれでもいいのですが収入より先に支出がくる可能性があるとゆとりはうまれません。

ですが法人カードに切り替えれば金融機関から引き落とされるまでの猶予期間がありますので実質的に支払日が遅くなりキャッシュフローがいまくいきます。確実な収入から支出の図です。

法人カードにはビジネスで役立つサービスが備わっている

キャッシュフローの他にも法人カードには嬉しいサービスが使用できます。

有名なところだと空港のラウンジを使用できたり、国内・国外旅行傷害保険が持っているだけで使用できます。

食事やホテルの予約などをしてくれるコンシェルジュサービス、その他にも様々な優待があります。

さらに法人の税金はかなり高い出費だと思いますが、そういった高い出費にもポイントのつくビジネスカードであれば還元されるのでものすごい大きい金額のポイントを貯めることができます。

>業界No.1【楽天カード】

業界No.1【楽天カード】

貯まりやすさ業界No.1
10年連続顧客満足度No.1
クレジットカード取扱高国内No.1
今なら5000ポイント貰える!

CTR IMG