人気のクレジットカード情報をまとめたサイト【クレカ図鑑】へようこそ!

クレジットカードの名義変更や住所変更は注意が必要!口座変更などの登録情報変更を解説

今回はクレジットカードで登録情報が変わった時の対策方法を解説します。

結婚して名字が変わったりするとカード自体再発行になります。

引っ越しして住所変更したり銀行口座が変わった時もすぐにクレジットカード会社へ報告しないといけません。

銀行口座が変わってそのまま放置していると、引き落としができないなどでブラックリストになってしまうなんてこともあります。(利用停止措置)

登録情報が変更になっても伝えていない人が大勢いる

クレジットカードを使用する時、最近では署名なしでも使用できますが

まだまだ署名する店舗がたくさんあります。

海外のホテル等もほとんどが署名しなければなりません。

結婚で名前が変わって、そのまま変更後の署名をしてしまうとカードの利用を断られてしまうことがあります。その時現金も持ち合わせていなかったら大変ですよね。

名前が変わったら速やかにクレジットカード会社に連絡しましょう。

住所が変更しても同じです。

住所が変更しても連絡せずに放置していると色々トラブルになります。

クレジットカードの更新期限が切れると新しいクレジットカードが登録している住所に届きます。

ですが、住所変更をそのまま黙っていると新しいクレジットカードが届かなくなってしまいます。

クレジットカードからの案内も利用明細も届かないですし、旧住所に他人が住んでいると悪用される可能性もあります。

大抵の場合はクレジットカード会社に郵便物は送り返されるのですが、送り返された場合はカード利用停止措置になる場合もありますので住所変更した時も速やかにクレジットカード会社に報告しましょう。

そして一番気をつけなくてはいけないのが「銀行口座の変更手続き忘れ」です。

先程もお伝えしましたが、支払いが1度でも止まってしまうとクレジットヒストリーに傷がついてしまいます。

そうなるとクレジットカード会社も登録情報の電話番号に連絡はしてくれますが、そうなる前に忘れずに連絡してください。

クレジットカード会社へ登録情報を変更する

自分の持っているクレジットカードでしたら連絡先はすぐにわかると思います。

どうしてもわからない場合はカードの裏面、ない場合はインターネットや明細書等をみて連絡しましょう。

店頭に出向いて変更する方法もありますが、PCやスマホでも変更手続きはできますのでそちらのほうが手間もなく済みます。

名義変更、住所変更、連絡先、口座変更。その他にも登録メールアドレスやカードの暗証蛮行等もネットで全て変更することができます。

クレジットカード会社によっては後日修正申請用紙を書く場合もあります。

まとめ

名義変更や住所変更があれば役所などで手続きは忙しいと思いますが、クレジットカードの登録情報変更もとても大事なことです。

クレジットカードはとても便利ですが、管理が疎かになると知らず知らずに不正利用されている場合もあります。

登録情報変更はいまはネットでとても簡単に手続きできますのでぜひ活用してみてください。

>業界No.1【楽天カード】

業界No.1【楽天カード】

貯まりやすさ業界No.1
10年連続顧客満足度No.1
クレジットカード取扱高国内No.1
今なら5000ポイント貰える!

CTR IMG